友人や両親から一時的に現金を借りる

友人や両親からお金を借りることでお祝い金の準備をすることができます。基本的に親御さんは貯蓄などがある人も多いので、お祝い金を準備できないことを伝えれば一時的に貸してくれる人は少なくないでしょう。また、自分の親になるので、言いづらさを感じない人もいるので、借りやすいという利点があります。20代前半など社会人になって間もない方が親御さんにお金を借りる際には抵抗を持たない人も多いですが、20代後半以降の人の中にはあまり親御さんに迷惑をかけたくないと感じる人は少なくありません。当然、お金を借りることになりますから親御さんの中にはお金に困っているのではないかと考えてしまう人も少なくないでしょう。

親しい友人であれば、その中にはお祝い金のお金を貸してくれる人がいるという方も珍しくありません。貰うのではなく次の給料日などに返すのであまり抵抗なく友人からお金を借りることができる方も多いです。しかし、何度も友人からお金を借りていると友情関係が崩れてしまう恐れや、友人からの信頼性が低下する恐れがあります。そのため、お金を借りにくいと感じる人もいるのではないでしょう。

ではどのような方法を選択することでご両親や友人に迷惑をかけること少なくお祝い金を準備することができるのでしょうか。

お祝い金などの急な出費には消費者金融を利用

お祝い金などの準備が必要な方もいますか。お祝い金は、光熱費や家賃などの支払いのように事前の予測を立てられないケースもあります。光熱費などにおいては毎月かかる生活に必要な費用です。そのため、ショッピングのしすぎなどで支払えなくなることもありますが、一般的に光熱費や家賃は給与が入金された時に使わないように管理します。一方でお祝い金においては急な出費になります。

お祝い金には出産祝いや新築祝いなどを挙げることができます。結婚祝いのご祝儀として渡す時は前もって招待状などが届くケースが多いので事前に知ることができます。しかし、出産祝いや新築祝いは招待状や事前に知らせなどが来ないケースが多いので急な出費になり得ます。貯蓄がある人はその貯蓄から切り崩し、お祝い金の準備をすることが可能ですが、貯蓄がなく光熱費や家賃などの支払い分しか銀行口座に残っていない人はお祝い金の準備ができなくなることもあります。

もし準備をすることができないと出産をした友人や新築を購入した親族にお祝い金を渡すことができないので、お祝いの気持ちを表現することができないケースもあります。このような急な出費のお祝い金ですが、どのような対処方法が挙げられるでしょうか。例えば、友人やご両親から一時的にお金を借りることや、消費者金融の利用を挙げることができます。今回は貯金がない方が出産や新築祝いなどのお祝い金を準備する方法について紹介します。